HOME>オススメ情報>ファーストシューズから足の成長に合わせられる
靴

靴ひもがないという画期的な仕組み

子供シューズでデメリットがあるとすれば、靴ひもが結べなかったり、解けてしまうことです。靴ひもに足がもつれ、ケガをする子供もいるでしょう。ベルクロとよばれるマジックテープ仕様のシューズは小さなお子さんに選ばれています。ベルクロから卒業する子供、靴ひもがあるシューズを選ぶのは小学校高学年以降だといいます。しかし憧れもあるようで、最近では結ばない、解けないタイプのデザイン性も加味した機能シューズが誕生しています。すぐ履けて解けない、ダイヤルをくるくる巻き尺みたいに回すことで締まり、ダイヤル解除すれば弛むという仕組みのシューズもあります。足にしっかりフィット、若干大きいサイズを選んでおいても脱げにくいのは魅力的なサービスでしょう。また、伸縮性と耐久性に優れたラバー素材のものもあり、バンドを靴ひもみたいにパチンと止めるだけ、見た目は靴ひもなのにスリッポンのように履くことができます。

デザインと機能という種類

子供シューズは、サイズも含めて選ぶのが難しいものですし、デザイン・機能性、どちらの種類もバリエーション豊富です。軽さ、転びにくさが大事で、つま先に丸みがあればファーストシューズとして使用できます。とにかくデザインが豊富、メンズ・ウィメンズラインと同じデザインシューズであれば、親子でペアコーデができます。大人っぽいハイトップは安定感もありますし、短足となるお子さんの足を長く魅せることもできます。まだ脱ぎ履きが上手にできないのならば、スリッポンタイプの子供シューズも色柄豊富にラインナップされています。機能性であれば、速く走りたい子供の目線で開発されたシューズもあります。左右非対称のソールに秘密があり、トラック競技での体幹のブレが少なく、左回りを転ばずに走ることができる仕様です。足裏にフィットする立体設計のインソールだったり、足幅は1Eから展開されているので、足の成長にも合わせられます。

広告募集中