HOME>トピックス>その子供一人一人に合わせたものを選ぶようにしよう

子供の成長を支えるシューズの定義とは

今、子供の成長を考えて、子供シューズにこだわるという人が増えています。特に0~3歳におけるベビー期における子供シューズ選びは重要で、このシューズ選びが後の健康な体作りに影響すると言っても過言ではありません。子供シューズの定義は、子供と大人の違いを靴づくりの際に考慮されているシューズの事を言います。例えば、子供と大人では足の形から違っています。子供の足はかかとが未成長で小さく、つま先は広がっている事がほとんどです。また、筋肉が未発達なため、靴底が固いと靴を曲げる事が出来ず、歩く際に負担がかかり骨等の発育に悪影響を及ぼす事があります。子供シューズはかかとにサポーターが入っていたり、靴底が柔らかく出来ていたりスムーズな歩行をサポートしてくれます。

足の形を把握してシューズを選ぼう

そんな子供シューズを購入する際には、子供の足の形をしっかり把握する必要があります。子供シューズを販売しているショップでは、機械で脚の形を計測してくれる所もありますし、ネット上で詳細な測り方を教えてくれている所も多いです。

時代ごとの子供の足に対応する所も

子供シューズの販売メーカーには、その時代ごとの子供の足を研究し、シューズを開発している所も多いです。子供シューズは年を経るにつれて、その時代に合わせたものを開発する必要があります。子供の足を科学的に分析している、信頼出来るメーカーやショップの物を購入するようにしましょう。

広告募集中